英語が会社にやってきた 〜ビジネスマンたちの試練〜

写真1写真2


[課題] 経済のグローバル化、インターネットの爆発的普及で、英語の世界語化が急速に進んでいる。日本でも外資による提携が日常化し海外とのネットワークで生き残りを図る企業が急増し、英語力は今やビジネスマンにとって不可欠な技能になりつつある。このような現状に対して、日本の企業は今後どのように対処していくべきか、ビデオ(フルバーション)の内容に言及しながら、あなたなりの現状分析および提言をA4用紙2枚(最大5枚以内)程度にまとめなさい。

[ビデオの概要] フランス・ルノーと資本提携した大手自動車メーカー日産では、社内業務の英語化は既に日常、文書も日本語と英語で併記、会議も英語で行われることが珍しくない。この4月に新設されたルノー販売事業室では、主管の蔵隅正明氏(44)と課長の武田和宏氏(41)がチームを組み、この9月発売のルノー車の販売戦略に取組む。蔵隅氏は、アメリカ、ドイツなど10年あまりの赴任を経験した海外畑で、このプロジェクトで急遽呼び戻された。一方武田氏は国内営業一筋でまったく英語には縁のない生活を送ってきており、まさに今回の人事は晴天の霹靂。この経歴、個性の異なる二人のチームが、ルノーの日本法人ルノージャポンと共同で仕事を進める。こちらも今まで日本とは縁がなかったパロタ社長、パスキエ統括マネージャーである。

目下の課題は新車のテレビCMの作成。フランスでの販売実績からの自信で「技術」を強調するフランス側と、日本の消費者の嗜好を考え「イメージ」を重視することを主張する日本側…。果たして結論はどう出るのか?  番組ではこの日産の社内会議に密着。日本人とフランス人、母国語としない同士が英語で意志疎通を図ろうと努力し、日々悪戦苦闘する姿を追う。

また、社歌を英語に翻訳し社員に斉唱を励行、来年度から英語を社内の公用語とすることを打ち出している電子部品メーカーの SMK(スミダ・コーポレーション)、単に語学力としての英語力に留まらず、いかに交渉相手から利益を引き出すか、いかに短時間の会議で結果を出すかなど、ビジネスを英語で進める際の技術の習得を目指す研修に力を入れるNEC なども取材。今、日本のビジネスマンに突きつけられた「英語化」の波。英語導入によりコミュニケーションの方法や組織の運営の仕方にまで変革を迫られているビジネスマンの姿を追う。
 

ビデオを見る(フルバーション: 48分28秒) 
    249 MB WMV 

ビデオを見る(ミーティング: 16分59秒)
    234 MB WMV 
 


放送データ

「英語で社歌を歌う」 (株)SMK
同社は来年度 (2001年) から、英語を社内の公用語に定めている。今年の春から、社歌を英語に翻訳して唱う。

NEC 新入社員研修」について
同社が今年度から始めた、新入社員を対象とした研修。4 月上旬開催。講師は、David Wagner (デービッド・ワグナー)氏。NHK「3ヶ月英会話」(今年度4月〜6月)でも講師を務めた。

NEC エンジニア向け英語会話レッスン
同社が主催する、3 週間の英語会話インテンシブコース。希望者数に応じて、年数回開催。主に英会話を学ぶ。番組では、その初級者コースを紹介。講師は、外部英語会話学校より。

日常会話に必要な語彙数 900 :  「日本人が中学・高校で学ぶ語彙数 2500」 について
日常会話に必要な語彙……… 中学校学習指導要領(平成5年度)に記載された、中学3年間の学習単語数。

日常会話に必要な最低限の単語数については諸説あるが、青山学院大学木村松雄教授の指導により、番組では中学3年間の学習単語数を以てそれに該当すると判断した。
中学・高校の学習英単語数……上記中学校学習指導要領および高等学校学習指導要領(平成6年度)より。

「90年代、英語教育の見直し」について
文部省「学習指導要領」の中学校、高等学校版、外国語の項に、明記される。中学校は平成5年度出版のもの、高等学校は平成6年度出版のものに記される。公立小学校では、2002 年度より施行される新学習指導要領に於いて、「総合的学習の時間」の時間を使い、外国語を学ぶことが出来るようになる。条件の整った学校から外国語の授業を始めて良いとされている。現在、全国で何校が先行実施しているかは、文部省も把握していない。東京都内では、891 校中、464 校(52%)。

「現在の英会話学校数 6000、  生徒数80万人」について
「特定サービス産業実態調査報告書」(平成10年12月 通商産業大臣官房調査統計部 出版)による。また、英語産業規模3兆円については、毎日新聞2000年4月22日版夕刊記載の「全国外国語教育振興協会」の調査報告にならった。教本や会話教室など、外国語産業全体の産業規模である。

「日本の英語力、アジア21ヶ国中18位」について
アメリカのTOEFL主催団体、ETS(Educational Testing Service)発表の資料、“Test And Score Data Summary 1998-99 Edition" による。TOEFLの日本での実施団体は、(連絡先) 国際教育交換協議会(カウンシル) 日本代表部 TOEFL事業部電話 03 -5467―5477 FAX 03 -5467 -2185

「TOEIC 日本人ビジネスマンの得点分布」について
「TOEIC活用実態報告」(第10回 平成12年3月)による。1999 -2000 年のデータ。
TOEICは公開受験方式と企業団体受験方式の2種類があるが、公開方式では学生やその他の受験者も含まれることになり、今回の番組のテーマである、“ビジネスマンの英語"と言う点にそぐわないため、企業団体受験の平均スコア・平均点450点を日本人ビジネスマンの平均点として紹介した。TOEICに関する問い合わせは、(連絡先) 財団法人 国際ビジネスコミュニケーション協会(電話 03-3581-5663 FAX 03-3581-4761)。

「TOEIC日本人サラリーマン平均点の450点から730点までに、英会話研修が1000時間」について
TOEICの運営団体国際コミュニケーション協会の外郭組織、(株)国際コミュニケーションズが、過去のTOEIC得点より開発したデータベース「セパック」を用いて算出した。セパックの正式名称は、「TOEIC コンピュータ評価プログラム CEPAC(Communicative English Proficiency Assessment and Counseling System)」。450点から730点までは「おおよそ」1000 時間と試算される。但し前提として、

a) 日本の英語教育を受けた大卒社員
b) 研修者の年齢は22〜35歳
c) 教師は、英語を母国語とする英語国民
d) 1クラス平均10人
e) 研修は1回あたり2時間、週1〜2回・・・・つまり通常の企業内英語研修をネイティブの先生を使って英語研修を行った場合、であること。

何のガイダンスもない自己学習だけの場合は、当然これよりも時間がかかると言われる。

「NEC スキル研修」
同社が主催する、3週間の英語会話インテンシブコース。希望者数に応じて、年数回開催。主に、会議や交渉、プレゼンテーションの仕方など、スキルと呼ばれる実践的な技術を学ぶ。講師は、外部委託。

[使用曲目]
オープニング&エンディング 
Microwave Rhapsody GONTITI ワークス:ベスト・オブ・ゴンチチ  EPIC ESCB 2111

挿入曲
Albert Albert GONTITI イージー・ビージィー EPIC ESCB 1796
 Leave from the Airport GONTITI Black Ant's Life  EPIC ESCB 1647
Lonesome Dulcimer GONTITI Black Ant's Life  EPIC ESCB 1647
 


(c) 2000 NHK