WMP を埋め込み、字幕を縦書き表示させる


このページは Internet Explorer (Ver. 6 or above) で閲覧してください。

Source Info.: 640x480, 521kbps, WMV9, 2.98MB

解説付きのソースコードを開く | SAMIファイルを開く

注1:シークバーを使って再生位置を変更・移動した場合、次の字幕タイミングから同期が始まります。うまく同期がとれない場合はいったん映像を更新 (refresh) してから再生してください。
注2:対応するメディア形式は原則として wmv のみになります。mpg (mpeg-1, 2) および avi でも動きますが、動作が不安定になることがあります(この場合は、いったん動画ファイルのダウンロードが終了してから再生してください)。
注3:DirectVobSub などの字幕用プラグインがインストールしてある場合は、あらかじめそれをオフにしておいてください(mpg および avi を再生する場合)。
注4:字幕ペインは3行までの字幕を表示できる幅 (width:65px) に設定されています。必要に応じて width を変更してください。
注5:字詰め (letter-spacing) は SAMI ファイル上で現在 1px に設定されています。もう少し広げたい場合は 2px に 変更してください。
注6:縦書き表示は、ウェブページに埋め込んだ WMP を Internet Explorer (Ver. 5.5 or above) で表示させた場合にのみ有効になります。縦書き指定はウェブページの中でしていますので、スタンドアロンの WMP で字幕を表示させた場合は横書きになります。(SAMI ファイル中に "writing-mode:tb-rl" を加えるとスタンドアロンの WMP でも縦書きになるが、字幕ペインは通常の(=横書き用の)画面下部のままなので、適切な表示にならない。また、縦書き指定は GOM Player および DirectVobSub では無効になる)。
注7:フォントはプロポーショナルフォントではなく、等幅のフォントを用いると文字が揃ってきれいに見えます。また、数字やアルファベット、記号などは全角で記述してください(半角だと横倒しになってしまう)。

HTML_Template1.html (単一言語クラス)
HTML_Template2.html (言語クラスを選択) > Click to see sample from The Wizard of Oz
HTML_Template2B.html (言語クラスと文字クラスを選択)
HTML_Template3.html (プレーヤの横に字幕フレームを開く)
HTML_Template3B.html (パワーポイントスライドを動画化したスライドショー)
> HTML_Template4.html (縦書き表示)
HTML_Template5.html (DirectVobSub を使って字幕を表示)
HTML_Template6.html (フォントサイズを相対指定)
HTML_Template7.html (「ハードサブ」動画の配信)

関連論文
染谷 (2008a) 「動画への字幕の挿入について: 英語教員のための Do-It-Yourself マニュアル (1)」
染谷 (2008b) 「字幕付き動画のオンライン配信について: 英語教員のための Do-It-Yourself マニュアル (2) 」
染谷 (2008b, Appx) 「パワーポイントスライドの動画化について」 (染谷2008b 付録)
染谷 (2008c) 「ハードサブ動画の作成について: 英語教員のための Do-It-Yourself マニュアル (3)」
染谷 (2008d) 「字幕付き動画作成のための SAMI ファイルの作成・編集について: 英語教員のための Do-It-Yourself マニュアル (4)」
染谷 (2008d, Appx) 「Windows Media ファイルエディタを使った動画ファイルの編集について」 (染谷2008d 付録)


This page was created by Yasumasa Someya, June 5, 2008 (HTML_Template4.html)